Your browser does not support JavaScript!
選單
首頁 > 關於 > 成員 > 成員簡介 > 范麗雅
范麗雅

范麗雅

日本東京大學研究生院綜合文化研究科區域文化研究專業博士。歷任京都國際日本文化研究中心共同研究員,中央研究院歷史語言研究所博士後研究學者,關西大學東西學術研究所招聘研究員, 愛知大學研究生院現代中國研究院客座研究員。

 

范麗雅的專長領域為20世紀中日藝術交流與西方的互動關係、東亞視覺文化與物質文化史、近現代中國知識分子與英美及日本學者的文學藝術交流等。

 

 

●主要著作目録

一、學位論文

1. 博士論文:「南京国民政府の文化外交と『中国評論週報』グループ知識人の英文執筆活動:「ロンドンにおける中国芸術国際展覧会」(1935‐36)の開催をめぐって」,東京大學大學院綜合文化研究科地域文化専攻, 2016年7月。

2. 碩士論文:「「書」が語る近代日中文化交流:清朝学の日本受容をめぐって」,東京大學大學院綜合文化研究科超域文化科學専攻比較文學比較文化コース修士課程,1997年3月。

3. 碩士論文:「『門』における「自然」」,日本東海大學大學院文學研究科日本文學専攻修士課程,1993年3月。

 

二、專書

1. 《中国芸術というユートピア:ロンドン国際展から林語堂のアメリカへ》,日本:名古屋大学出版會,2018年6月,總590頁(單著)。

3. 第1章:「偽作と傑作のあいだ: 一九二八と三一年の日華古典名画展開催の意義再考」(稲賀繁美編著『映しと移ろい:文化伝播の器と蝕変の実相』), 東京・花鳥社, 94-116頁,2019年9月。

3. 第IV部 演出される「東洋」第10章:「1935年の「ロンドンにおける中国芸術国際展覧会」: 中国の伝統的芸術・文化に関する英国知識人の言説の検証を指標に」(稲賀繁美編著《東洋意識: 夢想と現実のあいだ 一八八七‐一九五三》),京都・ミネルヴァ書房,253‐299頁,2012年4月(以上共著)。

 

三、期刊論文(有審査制度)

1.「伪作和杰作之间:重思1928年和31年中日古典名画展举办的意义」《美术研究》双月刊, 中央美术学院出版, 预定2020年2月出版(簡體中文. THCI, THCI CORE)。

2. 「蔣彝の1930年代英国での文筆活動:『中国の眼』の出版を巡って」,『アジア地域文化研究』第13号,東京大學大學院綜合文化研究科地域文化研究専攻,94‐117頁,2017年3月。

3. 「熊式一のロンドンでの文学活動:中国古典戯曲の翻訳・出版・上演を手掛かりに」,『アジア地域文化研究』第12号,東京大學大學院綜合文化研究科地域文化研究専攻,95‐117頁,2016年3月。

4.「姚克と英文雑誌『中国評論週報』、『天下』: 中国古典戯曲の紹介をめぐって」,『アジア地域文化研究』第11号,東京大學大學院綜合文化研究科地域文化研究専攻,129‐149頁, 2015年3月。

5. “The 1935 London International Exhibition of Chinese Art: The China Critic Group Reacts,” China Heritage Quarterly, Nos, 30/31, Australian Center on China in the World of College of Asia and the Pacific, the Australian National University, June / September 2012 (On-Line).

6.「Moment in Pekingに描かれた「中国」」,『アジア地域文化研究』第8号,東京大學大學院綜合文化研究科地域文化研究専攻,48‐76頁,2012年3月。

7. 「パール・バック夫妻と渡米後の林語堂: 林とAsia、ジョン・ディ社、「東西協会」との関わりを手掛かりに」『アジア地域文化研究』第7号,東京大學大學院綜合文化研究科地域文化研究専攻,82‐101頁,2011年3月。

8. 「ロンドンにおける中国芸術国際展覧会と英国知識人の中国伝統文化理解:ローレンス・ビニヨンとアーサー・ウェイリーを中心に」,『比較文學研究』第94号,東大比較文學會,95‐115頁,2010年10月。

9. 「林語堂のユーモア論:バイリンガル著述の検討を中心に」,『アジア地域文化研究』第4号,東京大學大學院綜合文化研究科地域文化研究専攻,1‐23頁,2008年6月。

10.「林語堂とパール・バック: The China Criticでの交流を中心に」,『比較文學研究』第88号,東大比較文學會,102-123頁,2006年10月。

 

學術研討會論文

1. 「透過『日本之眼』的中國畫:試論労倫斯・賓揚対中國画的理解輿誤解」. In “Terms: The Proceedings of the 34th World Congress of Art History《概念: 第34届世界藝術史大會論文集》(中英版), Peking University and the Central Academy of Fine Arts, 15‐20 September 2016, Edited by Organizing Committee of the 34th World Congress of Art History第34届世界藝術史組織委員會主編,Vol. 2,北京・商務印書館,576-583頁,2019年12月(簡體中文)。

2. Chapter Eight:  “Chinese Diplomat and the 1935 International Exhibition of Chinese Art in London: From Proposal to Implementation”. In The Proceedings of the 50th International Research Symposium “ Pirates’ View of World History: A Reversed Perception of the Order of Things from a Global Perspective(海賊史観からみた世界史の構築), ed. Inaga Shigemi稲賀繁美,published by International Research Center for Japanese Studies, pp. 73-76, August 2017.

3. “Modern Chinese Intellectuals and the 1935 London International Exhibition of Chinese Art: The Reactions of Cai Yuanpei and The China Critic Group.” In Proceedings of the 38th International Symposium “Questioning Oriental Aesthetics and Thinking: Conflicting Visions of “Asia” under the Colonial Empires 東洋美学と東洋的思惟を問う植民地帝国下の葛藤するアジア像), ed. Inaga Shigemi稲賀繁美,published by International Research Center for Japanese Studies, pp. 135-164, March 31, 2011.